top of page

悩め!方法は何でもいいから答えを出せ!!

例えば小学生、こんな問題(6年)。

  ↓ ↓

「周りの長さが24cmの長方形があります。

横の長さをa cm、縦の長さをb cmとして、縦の長さと横の長さの関係を式に表しましょう。」





例えば4年生のこんな問題。

 ↓ ↓


こういう問題は、


特に勉強が苦手な子がいたら、



これは難しいから、


計算の方やろうね、



と言って飛ばされてしまうのかもしれません。


確かに、なかなか難しい問題かもしれません。



まーとんちんかんな式・答えを


持ってくること持ってくること。




でも、こういう問題をこそ、


小学生には、やらせたいです。




もちろん計算問題を機敏に解く力も大事ですが。




公式に入れれば機械的に解ける、というわけではない問題


私もアドリブで、


「僕が解説を言いってしまったらなんの意味もないからなー」


「どんなやり方でもいいから答え出してみてー」


「実際に紙に書いてごらんよ」


等々、


色々な促し方をします。




それで授業の大半の時間を費やしてしまうことも


しょっちゅうですが、


全然OK!



こういう問題を中学でゆっくり考える余裕は、


残念ながら無いですからね。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

Comments


bottom of page