top of page

挑む奴は黙る。

昔々、母親に言われたことがあった。



「しゃべってると頭の中のことが口から抜けていく!」



だから、黙ってやれ!と。





小学生のときだけれど、



何年生のときか、



どういう場面だったか、



詳しいことは忘れた。




言葉自体も正確には覚えていない。



ぺちゃくちゃ喋ってると口から何が抜けていく、って言ってたんだっけ?




とにかく、



ぺちゃくちゃ喋ってるとちゃんと考えてできないから黙れ!



という趣旨だった。





「喋っている口から(何か)が抜けていく」



という言い方は印象に残っている。



いや、嘘です、最近ふと思い出した。



でも僕に染み込んではいるんだろうな。







異論はいろいろ考えられると思う。




「古い人だねえ(笑)。沈黙が金、みたいな?」



まあ、そうかもしれない(僕も「古い人」だ)。




「リラックスして喋っているときのほうが、アイデアとか降りてくるものだよ」



「勉強を苦行みたいにまじめに考えすぎ(笑)」



「コミュニケーションが大事だよ。教え合いはとても効果があるんだよ」



「勉強できる子って、『えーと、この左辺が・・・』とかブツブツ独り言いいながら勉強してたりするよ」



「エネルギッシュな子ってことじゃん?」



「ADHDの子もいるよ」



「おとなしく静かに座っててるけど頭の働いてない子、いっぱいいるよ」




・・・



どれもまあもっとも。






それでも、



これだけは確か(かな)ということが一つある。






それは、



真剣にやるモードになった人は、ぺちゃくちゃ(他人に対して)お喋りなんか絶対にしない



ということだ。




(念のためだけど、お喋りしてないから真剣にやっている、ということではない。)






♪挑む奴は黙る

逃げる奴は愚痴る

そんで大抵

逃げる言い訳ばかり探す♪

(by AK69)








ニコニコしながら(僕から見ると「ヘラヘラしながら」)他の子に気を取られてお喋りをしちゃう子、



「いい子」に見えるかもしれないけど、




悪いけど頭の中は空っぽだ。



という可能性が高い。






きっと、



学校の授業についていけなくなって、



それでも授業の時間がずーっと苦行だと切ないから、



前向きに過ごそうとして



身につけた習性なんだろう。




うん、うん。





時間はかかるかもしれないけど、



治していこう。






ちなみに、



僕は授業の場での「子どもの教え合い」の効き目は、



ほとんど信じていない。



閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

没頭

Comments


bottom of page