top of page

新高1生、授業始まりました。

3月はなんとも慌ただしく、落ち着かない月だ。




一年が終わりに近づき、



なんとなくお祝いムードも漂う。



「一年間お疲れ様でしたー」



「受験お疲れ様でしたー」



「合格おめでとう!!」




打ち上げとか送別会もあちこちでやっていて、



喜びや感傷に浸るイベントもいっぱい。




中3や高3が



「今の時期くらい解放されて遊ぼう」



となるのも無理はない。



人情というやつか。







しかし・・・



3月が落ち着かないのは



同時並行で新年度の準備も進めないといけないから。



社会人の方はみんなそうでしょう。





まだ眠っているように見える草も木も



実は芽を出すための準備が休みなく進行中なのだ。





浸る余裕はない。




そこまで子どもたちには言わないけど。








先週高校入試がありました。




入試を終えた中3(新高1)の、



高校生としての授業が、さっそく昨日始まりました。





中3からの「継続」は、残念ながら今年はごくごく少ないけど。





でも、えらい!





気分を新たにしつつ




これまで通り、



いや、これまでに比べてほんの少しになっているけれど、




ほんの少しずつの努力を絶やさないこと。





きっとそれは4月からの大きな差になると思います。


カラスノエンドウ。3月12日稲取にて。

閲覧数:31回0件のコメント

Comments


bottom of page