top of page

東小学校閉校式に出席してきました。

保護者として、


河津町立東小学校の閉校式に出席してきました。


私が「第56代PTA会長」をさせていただいた学校です。


明治以来約130年の歴史とのこと。




私は卒業生ではありませんが、


2人の子どもを通わせた保護者として、


この小学校は大変気に入っていました。




まず、自然が豊か。


海に面した丘の上の学校には、


ちょっとした坂道をがんばって登らなければならず、


「学校坂道」という作者不詳の第二校歌があるほど。


今日代表児童の子が、


「足腰も鍛えられた」「低学年の子を気遣いながら登った」


と言っていましたが、


心肺も鍛えられただろうと思います。




それから、


少人数というのも気に入っていました。


「人数が少ないとクラス替えもないし、子どもたちもつまらない」


「人数が少ないと競争がないから、学力のレベルが下がる」


そういう意見はありますが、



「クラス替えがないし、つまらない」


と子どもたち本人が言っているのは、あまり聞いたことがありません。


そういう子もいたかもしれません。


でも、少なくとも、


子どもたちは皆そういう風潮だった、とは思いません。




それに、


「競争」


って、小学段階の勉強でそんなに必要なんでしょうか?


「競争」がないと子どもは賢くなれないんでしょうか?



中学以上、大人の世界ならそれはわかります。


でも、小学生の勉強その他の成長にとって必要なのは、


温かく愛のある環境ではないのかしら。



私自身、人数の多い団塊ジュニア世代で、


(確か)40人くらい×4クラス?


の小学校に通って、


「競争、切磋琢磨があって成長できた!」


「多様性があって刺激的だった!」


なんて思ったこともありません。



ただ、


クラスの隅でボケーっとしていただけです。




そういうわけで、


言っても仕方がないことであるのですが、


とても寂しく、残念です。






さあ、


前を向かなければ。


閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page