top of page

河津桜見頃です(思い出話)。

河津町の名を全国に知らしめている「河津桜」。


今週が見頃とあって、


今日は祝日で天気もいいとあって、


駅前、多くの花見客で賑わっています。




・・・・・




むかーし昔、新婚旅行でアメリカに行きました。


ニューヨークで「ハーレム街」というところを歩いてみました。


ニューヨークのハーレムとは、


黒人カルチャーの歴史では重要な場所で、とくにジャズの中心地だった(である)ことで名高いです。


音楽が好きなので、行ってみたかったのでした。



夏の日曜日でした。



ある教会から歌声が聞こえてきて、「ゴスペルってやつかも」と思ってふらりと入りました。






すごかったです。


礼拝をやっているところだったのですが、その熱狂が




牧師さんとおぼしき黒人のおばちゃん、説教というかずっと叫んでいるし、



1分に2、3回は


「Thank you, Jesus(イエス様、ありがとう)!」


とか感極まって(?)言うし、



説教は延々続くのですが、5分も話すと「歌」になり、



牧師さん「下のパート」?を「ワウワウワウワウ」とか歌う(吠える)のですが、


マイク要らないよと言うぐらい声が大きいし。




出席者(信者さん?)は体ゆさぶったり手を打ったりして歌うし、説教を聞いては「Oh, yeah!」とか叫ぶし



しまいに客席最前列のおばさんが立ち上がって涙ぐみながら勝手にしゃべりだすし。




あれはゴスペルだったのか何だったのか?



いつまで続くかわからず、暑くて熱くて汗ダラダラになったので、1時間くらいで出てきました。




入口で貸してくれたうちわには


「Small Church, Big Heart(小さな教会、大きなハート)」


と書いてあり、なんか意気に感じました。




・・・・・




祝日ですが、今日も授業はあります。



塾の下の、いつも看板を置いているところの周りに腰をかけていた、


たぶん中国からの方に「すみませ~ん」と声をかけたら、


「English school?」と言われました。



座るのをやめて立とうとされたので、


「No problem!(ニコリ)」


と言って差し上げました☺



そんなやり取りをしていたら、


季節も全然違うのですが


そんなむかーし昔のことを思い出しました。



今日もがんばります!


閲覧数:27回0件のコメント

Comentarios


bottom of page