top of page

淡々と、コツコツと。

いよいよ来週から夏期講習が始まります。

中3はいよいよ受験生!

夏休みこそ受験の天王山!!

・・・という風に多くの方は思うでしょうし、東京や埼玉など都市部では実際緊迫感も切実なようですし、これを機に中学生に真面目に勉強をがんばってほしいという思惑は、私も持たないわけではありません。

が、今の時代、この田舎で、それは実情に合っていないかなと正直思います。

では、中3諸君、そんなに勉強頑張らなくていいよ、というわけではもちろんありません。

(コスパを考えてそう判断する人は、それはそれで。)


高校入試?

確かに大事だけど、誤解を恐れず言うと、そんなものすごいゴールじゃないよ。

そこで燃え尽きたりしたら困るんだよね。

高校入った後も勉強は続くよ?一気にレベルアップ&スピードアップするよ?本当に。

大学志望?全国の精鋭と競うことになるんだけど(笑)?

この地域だったら◎高出ればまあOKって?〇高行って卒業すれば地元になんか仕事はあるって?

親がそう言ってるの?いや、そんな時代もうとっくに過ぎたよ?

淡々と、コツコツと、勉強続けていかなくちゃダメだと思うんだ。

受験前の時期だけ限定でガーやるんじゃなくて。


こう思うのです。


話を夏期講習に戻すと、当塾の夏期講習は、多くの塾や予備校さんのポスターに踊るような、イベント的要素はありません。

「3年間の総復習!!」とか「100時間勉強合宿!!」とかみたいに。

いつもの授業が中1・2なら週1日、中3なら週2日くらい、増えるだけです。

内容も、普段の授業と同じです(先取りのために)。

特別なイベントではなく、淡々と進めてまいりたいと思います。

しっかり力がつくようにしていきたいと思います。


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page