top of page

炎を燃え上がらせること

僕の家には薪ストーブがあります。



元々そのようなものに興味はありませんでしたが、



使い始めてみると楽しいものです。




火遊びは楽しいものですからね。






火をつけるのは



スイッチ一つで、というわけにはいきません。



それなりにコツが要ります。






まずは新聞紙とか段ボールとか



「焚き付け」に火をつけて、



そこから薪に火が移るようにします。



薪は、まずは細いものから。



枝みたいに細いものから、だんだん太く。




これを順序どおりうまくやらないと



火はすぐに消えてしまいます。





火が次々に移るように



薪は山みたいに積み上げておきます。




風通しがいいように、



隙間を作って積み重ねるのがコツです(すみませんえらっそうに)




炎は上に登っていくので、



火のエサになるように、



なるべく高く積むと火が速く回ります。





ストーブの横や前についている空気穴もめいっぱい開けて



まずは「火が起こる」ように全力投球!






「火が起こる」、



つまりストーブの中の薪たちがひとりでに燃え始めるまでが



一苦労で、



ここまで来れば一安心ですが、




そのあと



この火を強くして、消えさせないようにしなければなりません。






ここで注意すべきは、




火が起こったからといって、



すぐに



「エース級」(と僕が呼んでいるぶっとい薪)を入れても、



うまく火が移らず、



焦げだけ残して消えてしまいます。





いい薪を入れさえすればいい、ってものではないのです。




「エース級」も、



それを支持する火勢がなければ燃えることができません。




火の弱い、もしくはついていない暖炉に良質な薪を突っ込んだって、決してよく燃えることはありません。





まずは「中堅」(中くらいの太さの薪)をどんどん入れて、



火を強くしていく必要があります。





ここは景気よくどんどん中堅を突っ込みます。






火がボーボー燃え盛ってきたところを見計らって、



満を持して、



笑みをたたえながら、



ずしっと重いエース級の薪を、



ゴロンとストーブ内に投入!!!





あとは、



このエース級があっという間に燃え尽きないように



しないといけないので、



(薪も節約しなければいけませんから)



ここからは空気穴はできるだけ絞ります。






ここまで来ればあとは放っておいてもOK!



そのころには部屋の空気も温まり始めます。






ときどき様子を見て、



新しいエース級を投入したり、




火が尽きかけていたら



焚き付けなり



中堅なりからまた点け始めたりします。





もちろんエアコンでもいいのですが、



エアコンは風が当たるところだけが暖かくなりがちなのに対して、



薪ストーブは部屋全体の空気を温めてくれる感じで



とても快適です!





・・・・・




以上、



坂内が日曜日にストーブの前で格闘して



何年かかけて確立した「コツ」でした。




「なんだ格好つけて」



「そんなもん知ってるわい」



と言われるかもしれません💦



えらっそうにすみません💦







でも、



そんな火遊びをしながら、



ぼんやりと、



「子どもを教育するのも、火をつけるのと似てるなあ・・・」



とか思っちゃったりするのです。



う~ん仕事中毒(^_^;)







かのソクラテスは、



「教育とは炎を燃え上がらすことであり、器を満たすことではない」



と言ったそうです。



(※ある人がそう言っているのを新聞で見ました。ただし、ネット上に広がるこの手の「名言」によくありがちですが、出典は確認できていません。ソクラテスの言葉ではないかもしれません。ご了承ください。




実のところ、



子どもに「火をつける」ことについては、



僕の力・テクニックはまだまだまだまだ全然未熟です。




今後も精進していきたいと思います!


「癒しの」焚き火動画をどうぞ♪

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page