top of page

点を取りやすい教科、取りにくい教科

テスト等の勉強において、


点を一番取りやすい教科/取りにくい教科は何でしょう。



個人の向き不向きもあるし、


以下は坂内の独断と偏見(同業者の意見も少しふまえて)になってしまいますが、


勉強の仕方を考える上で参考になればと思います。





1位は・・・








・・・実のところ決めにくいのですが、


理科と社会のどちらか!!でしょう。



なぜって暗記教科だから!


私も元社会科教員なので、歴史とか地理とか興味を持ってほしいのはヤマヤマですが、


現実は大量の知識を覚えなければならない


ザ・暗記教科に他なりません。


個人的には、その2つの中でも、


社会の方が理科よりも、暗記する量は多いからシンドイかなと思います。



暗記教科だからといって侮るなかれ。


暗記教科であるからには、腰を据え、気合を入れて徹底的に暗記していかなければならないので、


みんなそれをやっていないから取れないわけですが(まあ、あと「ストーリー」が大事だというのもありますが)、


それさえこなせば、強い味方になるはずなのです!


なかなか当塾でそこまで対策できないのがもどかしいですが・・・。




3、4位も決めにくいのですが、


国語か数学が来るでしょう。


個人的には、暗記するものが少なく、


問題パターンを練習して叩き込めばいい数学の方が、


国語よりも「取りやすい」「勉強しやすい」感じがします。






5位、つまり一番点数が上がりにくい教科は、


これは英語でしょう!


基本がダメだと上にどれだけ積んでも無駄、


という「積み上げ教科」の典型と言えるでしょう。




文字はABC、


アルファベットだけれど小学校で習う「ローマ字」とは読み方が違う、


語順が違う。


日本語にはまったくない


「三単現のs」だの「be動詞と一般動詞の違い」だの。


数学の計算問題のような、


「大問1で最低10点取れる」みたいな問題もなし。


ほんと、中1の最初から、小さな石を着実に積み上げていかないと


中2、中3、高校生になってからでは取り付く島がなくなるのです!




繰り返さないと忘れていってしまう度合いも、


数学より多分大きいです。


だから「毎日英作文」「毎日音読」なんです。


毎日コツコツ。


そうしないと忘れちゃうから。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page