top of page

理屈がわかれば勉強は楽しくなる!

弊塾の小学部の授業では、算数でも国語でも、ひたすら「理屈」を重視しています。


中学部でも同じではありますが。



・なぜ人口密度は、人数÷面積の計算で求めるのか(面積÷人口ではなく)。

 その前に、そもそも「人口密度」って、なんだ?


・なぜこの文とこの文の間に入る言葉(接続語)は「要するに」なのか。


・なんでここで「ウ」を選んだか、説明してくれ。




じっくり詰めます。


だから、必ずしも進み具合はあまり速くありません。


少人数だからできることではありますが。






理屈というと、


なにやら面倒で、頭でっかちなものに思えるかもしれませんが、


実際はむしろ逆かなと思います。


理屈がわかれば勉強は楽しくなります。


理屈抜きとなると、根性頼みでの丸暗記しかありません。



根性で


「人口密度=人口÷面積!」


「助詞は付属語で、活用しない品詞!連体詞とは自立語で、活用しない品詞!」


とか丸覚えしようとする方が、


よほどめんどうで、頭でっかちであり、


中身の理解はあやふやで、すぐにはがれ落ちるようなもろさであり、


最後に残るのは「算数嫌い」「国語嫌い」「英語嫌い」、です。




確かに、


根性・暗記・反復練習・慣れ


そのようなものが必要になる局面も、多々あります。


中学・高校と上がっていくにつれ、その割合も増えていきます。


でもそこで、


「しょーがねーなー、ここは暗記するしかないかぁ。よっしゃ、いっちょ頑張って暗記したれ!」


と頑張れるのは、


理屈ベースの考え方ができている子、ということになるんじゃないかと思います。


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page