top of page

田舎町の本屋の心意気(?)

午前中ちょこっと用事があって、


下田に行っていました。



この下田にある唯一の書店が、「村上書店」です。


なんと100年もの歴史があるようですね。


「町中」の本店と、西本郷のアネックスの2店。


アネックスの方が店舗も駐車場も広く、本も多いつくりになっています。



で、この村上書店アネックス、


前から思っているんですが、


学習参考書の棚がとても大きいです。


つまり、たくさん参考書があるということ。



小学生向けのドリルから


高校生向けの参考書・問題集まで、


そこいらの都会(沼津とか静岡とか伊東とか※)の本屋よりも充実の品ぞろえ


なんです!


※伊東の吉田にあった本屋は閉店してしまいましたが。





下田高校にも近いし、


「田舎だけれど学習参考書はうちにいつでもたくさんあるようにしとくぜっ!」


という心意気があるのだろうか、



とか勝手に思いながら、


いつも本や参考書・問題集を物色させていただいています♪




(もしそうだとしたら)


田舎塾の私も、


その志、見習わねば!!!!!


とこれまた勝手に心に誓う坂内でした。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

没頭

Comments


bottom of page