top of page

目からビームを放っても問題は解けん(手を動かせ!!!)

知り合いの塾長が、


年長さんの生徒がきれいな「ひし型」を描けた!


(定規を使ったりしたのではなく、フリーハンドで)


これはすごいことなんですよ!


と言って


LINEグループで見せてくれました。




幼児にとって斜めの線を描くのは難しいそうです。


バランスの良さ


4辺の長さを等しく描こうという意識


線と線をつじつまあうように結べること



そのようなものが色々含まれた高度なものであると


皆さん言い合ったり


その生徒のことを称えたりしていて、



僕もこんなブログ(↓)を書いたところだったので、



すごく腑に落ちました。





その塾長曰く、


「高学年、中学生、高校生になって、やっても伸びない子って、こういう何気ないことが全然入っていない子ばかりです」


とのこと。





うーむ。




これも納得。







手を動かさず、


目からビームを放つがごとく


問題文や、問題の図と


黙ってじーっとにらめっこするだけで、



式を作ったり


図形を把握したり


計算を処理したりしようとする


わが愛すべき塾生たち・・・。





そんな芸当ができるわけないでしょうが!!!





これは意地悪にいえば


その子が「ラク」をしようとしていることだから、


やはり徹底的に直したいです。





中学生でもまだ遅くはない。



ましてや小学生なら!

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page