top of page

考えることから逃げたいんだろうな。

できない子に限って、「ルール」に意識を持ちません。

こういうルールだからこうなる。

そういうことをわかる努力を避けるがごとくに。

教科書も、塾テキストも、私が書いた「文法プリント」(以下、「緑のファイル」)も、

何も見ようとせず、でたらめな英文を書きます。

いやー、大したもんだ。何も参考にしようとしないで自力でやろうとするとは。

緑のファイルある?ない?まあ学校帰りだからねー。教科書はある?じゃあ持ってきて。

えーと、このページ見てごらん。

ここに書いてあるよね。

「私の父が 好きな スポーツ」って英語でどう書けばいいか。

日本語と順番逆になるんだよ。

「スポーツ→私の父が(主語)→好きな(動詞)」って順番になるんだ。

それのルールの通りに書いてごらん。

できた?どれどれ?

・・・う~ん、なんていうか、あのさー、

今さっき言ったことは何だったん?教科書のどこ読んだん?

・・・


きっと「勉強」とは、漢字の書き取りみたいなもので、

「やれ」と言われた作業を、意味が分からなくてもせっせとやっていれば、

多分まーなんかいいことがあるんだろー、と思っているのかもしれません。

ルール。基本。本質。

そういうものをつかまなけれなば、どうにもこうにもならないのに。

中学の(小学の)早い段階から、叩き込みたい事柄です。

4月から英語の塾用テキストの使用をやめる理由の一つもそれ。

文法のルール、に意識を集中させたいから。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

Comments


bottom of page