top of page

自習の練習

今週も土曜日は3時間自習があります。




ところで!


「自習」って、皆さん何をしますか?



「ワークとか・・・」


つまり問題を解くということですね。


おーいに結構。


ただ、


「問題を解く」という行為には、落とし穴もあるんですよ。




問題をなぜ解けるか。


それは、各単元の「基礎」がわかっているから

(でも、よくわかっていないのにラッキーパンチで正解になってしまうことも実は多々あります。逆にそれが厄介でもあります)。


多くの子は、学校から課せられた課題を「やる」「終わらす」ことだけに気が行きがち。


まあ、量もたくさんあるけれど・・・


〇×をつけて、それではい次! という感じ。


間違いをしたとしても、


よくわかっていないのにラッキーパンチで正解だったとしても、


「基礎」にあたることをしません。


そんな風に問題を「解いて」いっても、残念ながら中身はないと言わざるを得ません。



本当は順番が逆で、


基礎(本質)をしっかり理解し、


努力して自分で自分に叩き込んで忘れないようにし、


それが本当に実力になったか確かめるために問題に挑戦、


というのが勉強というもの。


さっさと問題に突入するのもいいが、


いつも「基礎」を意識し、確認!



級が上がれば上がるほど、それを自分でできることが必要になってきます。


そんな「自習」の練習だと思って、土曜日は臨みましょう!


ということを、今日は中1に話してみました。


閲覧数:19回0件のコメント

Σχόλια


bottom of page