top of page

自習・・・苦い思い出

あれは小学5年か6年のときでした。

ぼくは本当に音楽が苦手な子どもでした。

音符・楽譜などまったく読めず、リコーダーも鍵盤ハーモニカも何が何やらでした。

みんなで一緒に吹くときにはひたすら吹くまねをしていました。

笛のプリントというのがあって、1曲ごとにできるようになったら先生の前で演奏して、合格したらどんどん先に進むのですが、ぼくは全然進みません。

ある放課後、ついに居残りになってしまいました。

時間をやるから各自練習せよと。できたら先生にチェックをもらって、ちょっとでも先に進むようにと。

あ~あ。やだなあ。そう思って音楽室に行きました。

しかし・・・

音楽室にはほかにも残された子がいっぱい。すでにわちゃわちゃした雰囲気。

先生の前には、チェックを受けるために並ぶ子どもたちの行列。

ぼくは、お喋りとかして全然練習せず、その日は1曲も進みませんでした。

結局みんなが20枚くらい終わらせる「笛のプリント」、ぼくは2枚も終わらせられずに小学校を卒業しました。


・・・・・


自学は大事。

それを考え続けていたら、しかし、遠い昔のそんな記憶がよみがえりました。

自分で練習しろ。と言っても、当時のぼくならこう言うでしょう、

「・・・どうすればいいのか全然わかんないよ。」

繰り返しですが自学する力をなんとか育てたい。

でも放っておけばいいなら苦労はしない。

その間の溝を埋めるすべを、ずっと考えています。

なんだろう、必要なのは場の雰囲気とか、圧とか、モチベーションを上げるお話とかなのかなあ。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page