top of page

英文の最重要ルール

英語は「語順」が命!


NHKの英語番組などで有名な大西泰斗先生によれば、


日本語でいう助詞(「が」「に」「と」「を」など)が英語にはないので、


そのかわりに語順が決定的に大事な役割を果たしているのだと。





中1では授業で、前置詞を含んだ英作文をやってみました。


「そのテーブルの上にある一個の定規と一本のペンが見えますか?」


「Do you see the table on a ruler and a pen ?」


→(私のツッコミ)

「Do you see、これは良し!


the table、はい、止めます!!


この時点で『あなたはテーブルが見えますか?』って意味になっちゃうんですよ!」




中2では毎日英作文で、接続詞(when, because, if, that)を復習。


これがまた珍回答続出!


「Because we played soccer, it was sunny.」


→(私のツッコミ)

「becauseの後の部分が『理由』なんだけどなーー。


この文だと『私たちがサッカーをしたので、晴れた』って意味になるんだが?


君は天気をつかさどる神か(笑)」




いつも言っているけれど、


英語は、用件から先に言っていくんですよーー!


忘れないように!!




テスト後にそんなこと言っても遅い?


いやいや、次に生かそうじゃないか!


一朝一夕に身につくものでもないし。


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page