top of page

英文を没頭して読む時間。

中2英語はここ数週、教科書本文の読解をしています。



弊塾での長文読解は


紆余曲折を経て、


今は、


各自が黙々と文章を翻訳し


持ってきてもらったものを僕が個々に指導する、


という「個別指導」ぽいスタイルを採っています。


みんな結構没頭して取り組みます。





力のある子は


1ページ全部とか半ページごとにチェック。


心もとない子は、「一文ごと」に持って来させて


訳をチェック。





けっこう細かくチェックします。


一例を挙げれば、



We translated some sentences.


「私たちはいくつかの文を翻訳した。」



これを


「私たちはいくつかの文の翻訳をした。」


と訳すのはOKとしません。





細かすぎる?


言ってることは変わんないじゃないか?



いやいや、


英語の主語・動詞や、動詞・名詞・形容詞あるいは前置詞とかの認識があいまいなまま、わかる言葉をふわふわっとくっつけて和文をつくる癖がつくと、のちのち(いや、すぐに)まずいことになっちゃうんですこれが・・・。




他にも、


英語の読み方のクセを直したり、


指導するツボがいろいろあります。




「精読」ができてこそ、「速読」もできるようになるというものです。


で、「精読」は


細かくチェックしての指導がやはり必要だと僕は思うんです。


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page