top of page

進化には時間が必要

ある中学生、仮にA君とします。

英語が本当に苦手です。定期テストはいつも10点未満。その点は全部まぐれの得点で、基本的に何もわかっていません。アルファベットが基本的に読めません。当然書けません。単語を覚えるどころではありません。

とりあえず補習の時間を設けました。教科書を何回も何回も繰り返して読めば、慣れたりなじんだりしてくるかなと思いましたが・・・何も効果はありませんでした。


「自然に慣れる」路線をやめて、文法の再構築をすることにしました。

まず、主語➡動詞。そのあとに全てが来るという語順。

三人称単数のs。

一般動詞の疑問文と否定文

それだけに絞った練習を何回も何回も何回も反復したのち、beという特殊な動詞。その疑問文と否定文。

その後、一般動詞と、be動詞の過去形。

単純化してルールで教えると腑に落ちたらしく、通常の授業でも、「えーっと、動詞はどれかというと・・・」とか言いながら読んだり書いたりできるようになりました。


・・・


しかし、学年末テスト2週間前。テスト範囲の復習を始めると、接続詞とか動名詞とか、まあきれいさっぱり忘れているわけです。

とりあえずその日はifの復習のみ。

試験前は毎日塾に来てもらい、しばらくはifの練習のみ。

ifだけでも自信もって回答できた方が、むしろいい点を取れるかもしれないと思い

しばらくすると、口から出てくる作りかけの英文が、「わかってる感じ」になってきました。

ルールが体に入った後にこそ、「繰り返し→慣れ」も有効になってくるということでしょう。

数日後、ifを応用する形で、whenとbecauseの問題にも着手。それで数日経ったところで、学年末試験の当日になりました。

間に合わなかったかな。


まだまだブレイクスルーというには早すぎます。よちよち歩きを始めそう・・・といったところですが、ここを見逃してはいけないと思います。本人にやる気があり、がんばって補習にも来ているのだから。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page