top of page

障害は「単語」じゃない

英文を読むとき、英作文をするとき、

「〇〇(←単語)って、どういう意味ですか・・・?」と聞いてくるキミ!

分からない単語があるからと、

教科書巻末の単語集を調べるのにやたらめったら時間を費やしているキミ!

キミたちが英文を読めないのは、

知らない単語のせいじゃない。

文のルールが会得できてないからだ。

主語があって、動詞があって、そのあとにすべてが続いていくという構造。

「用件を先に言う」という英語の語順のルール。

疑問文・否定文の作り方。

不定詞の使い方。

・・・

「知らない単語があって、わかりませんでした」?

違うだろ。

キミは知らない単語があるのを言い訳にしているんだ。

知らない単語が出てくるのなんて、試験では当たり前だ。

文の構造が読み取れれば、憶測したり細かい単語は読み飛ばしたりして、

文の言わんとするところもわかるもんなんだ。

そのことをわかれ!

単語じゃない(単語も超大事ですが)、ルールだ!文法だ!!


ということを身に染みてもらうために、壁に張ったり、塾来て開口一番に口頭で尋ねて自分の口で言わせたり、

最近そんな毎日です。

実力試験、がんばれ!!


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

Commentaires


bottom of page