top of page

頭から黒煙。

「成績が上がる」


に至るまでには2つのステップがあります。


①理解する


②練習して覚えて自分のものにする


成績に限らず、音楽やスポーツ、なんでもそうだと思います。



①、②両方とも大事であるわけですが、


指導者によって、または生徒の層によって、


どちらを重視するかという色が、塾や先生によってあると思います。




私は①寄りです。



もちろん、


最終的に②をやらなければ、成績は上がりません。


だから、時間にも制約があるし、


「四の五の言わないで覚えろ!


覚えればいいんだ。


理屈うんぬんよりも、『こういうもんだ』ということで覚えればいい。


先に答え見て解説読め。それを覚えればいい。


秒ですぐそのやり方ができるように練習あるのみ!」


そういう方針も理解できます。



しかし・・・


それに耐えられるのは、


①を通過した子、


一回しっかり理解して、勉強するモチベーションもあって、


もっと言うと、


「かったりーけど、暗記もやんなきゃいけないからやるかー!」


と覚悟も定まった子に限られると思うのです。




その覚悟ができているように見える子でも、


理屈抜きでひたすら丸暗記でというのは苦しいもので、


そのうち行き詰まったり、


土台がスカスカだから


進むにつれまったくわからなくなったり、


まったく応用が利かなかったり、


一回覚えてもその後すぐに忘れてしまったり、


となることも多いと思うのです。


これは経験からそう思うことです。





だから私は、理屈・理解重視です。


理屈がわかった方が楽しいに決まっているんです。



すぐに解法とか教えないようにしています。


勉強で下位に甘んじている子であればあるほど。


「僕が教えたら一瞬だけど、それじゃつまんない」


「僕が教えたら一瞬で済むけど、あんた覚えないでしょ?」


生徒によく言う言葉(↑)です。



もちろん


出す問題のレベルを考えなければいけないし、


その場その場で必要と思われる程度に


手助けをすることはありますが。



下手に「解説」で言葉を重ねると、


逆に生徒が混乱してしまう、


そんなことも多々あることで。





今日も


小学生から高校生まで、


頭から黒煙出して考えていました。


がんばれ!!


急がば回れ!!


頭のしわを増やせ!!


閲覧数:18回0件のコメント

Comments


bottom of page