top of page

高校≠ゴール

学校帰りの卒塾生に塾の下で出っくわしました。

3月に中学校を卒業したばかり。

最初の中間考査で英語97点、学年1位を取ったと教えてくれました。

1位!すごいことです。

「絶対そのまま頑張るんだよ!」と言って別れました。


誰よりもまじめにコツコツ頑張っていた姿を思い出します。

本当のことをいうと、もしかすると、志望していた高校ではなかったかもしれない。

いや、私の勘繰りかもしれませんが。

でも、あえて言いますが、大事なのはどの高校に入るかじゃない。

そりゃ、目指す高校や大学があって、それに向けて全力で頑張ること、それはとてもとても大事なことです。

頑張る姿に立ち会えることこそが、私たち塾講師の生きがいです。


でも―高校入試自体は、賀茂地区ではすでに定員を割っているわけです。

大事なのは、高校に入った後、どれだけ頑張るかの方じゃないですか。

高校に入ってからの方が勉強はうんと大変で、進学校に行ってから下位に沈む子も、進学校じゃない高校で頑張る子も私は見てきました。

そのあとには大学入試や、社会での競争が控えていて、地方出身のハンデを抱えながら、いかにこの変化の激しい厳しい世の中で生き残るか、頭を使い、そして行動していかないといけないわけです。

結果がどの高校だったとしても、うんと鍛えて高校に送り込んでやりたい。

粘り強く努力する力とか、本質をつかむ力とか、自学の力とかを叩き込んで送り出してやりたい。

そんな風に改めて思いました。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page