top of page

3時間かけて東北と北海道の勉強

土曜日、学調前の自習にきた3年生のY君。


「何やるの?」と聞いたら、


「社会をやります」とかなんとか。


私「社会ったって、広いぞ。社会の何を?」


Y「えーと、・・・地理とー」


私「地理といってもまだ範囲は広いよねえ。日本地理と、世界地理と」


Y 「えー・・・日本地理で、・・・東北と北海道やります」


私「ほほう。じゃあ、1時間勉強したら問題を出そう。それが済んだら他の単元もやろうか」


Y 「はい」



・・・



1時間後、問題を出して、デキが不十分だったからまた他の問題をやって、


結局、3時間、東北と北海道の勉強をして終わりました。




効率が悪い?


次の学調で点取れるのか?


そうかもしれません。


でも、


十勝平野や日高山脈や庄内平野の場所は覚えましたよ。


「屯田兵」という言葉も覚えましたよ。


太平洋岸と日本海岸の気候の違いも理解しましたよ。


今日は忘れているかも。


でも、


「えーっと、あれなんだったっけーーー。覚えたのに思い出せないーー-」


と悔しがれるくらいにはなっているはずですよ。





3時間塾に自習に行って、「自習室」(副教材)の穴埋めをして、


で、何も覚えていない


ボーっと作業をしただけ


脳みそに汗をかいていない


そんな時間をすごすのは、見るに忍びないのです😢





テキを細かく分けて、


腰をすえて時間をかけて


自分に鞭打って脳みそに圧をかけて・・・


それが「勉強」なんだと、


そしてやればできるようになるんだと、


中学を卒業する前に少しでもそういう経験を積んでもらいたい。


その一心です。


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

Comments


bottom of page