top of page

仏の坂内

子どもたちは、サボります。


色々な言い訳をします。


特にこの一年、


「毎日英作文」「毎日音読」をやるようになってからは、


毎日それとの闘いともいえます。




忙しかった


部活の夜練があった


家族で用事があった


友だちといざこざがあって気分が悪かった


家のwifiが調子悪かった


うんと昔には


生理がー・・・とか不機嫌な風に言っていた女子もいたなあ。




うんうん。


全部理解してあげられますよー。


家族で用事→実際そうだったのでしょう。


夜練で疲れて→わかりますよー。


同じ部のあいつはちゃんと出してるんだけど、不思議だなあ、


なんて嫌味ったらしいことは言いません。


(ゲームやっててサボってしまった)→まあ、人間そういうこともあるでしょう。



毎日続けることは大人にだって大変なこと。



「あちゃー忘れた!!」


なんてこともあれば、


「だりぃ。やる気が起こらん・・・」


なんてこともあるでしょう。





昨日は4年ぶりの浜地区のお祭り。


にぎやかにやっていて、


子どもたちもたくさん集まっていて楽しそうでした。



「毎日英作文」の提出率の悪さは、


もうわかりやすすぎるくらいでした(笑)。


うんうん、大いに理解できますよ。


そりゃーね。








その上で、あえて言いますよ。





知らんわ(笑)





それはそれ。


約束は約束。




やらなかった分のツケはちゃんと払ってもらいます。


あえて「罰」と言ってもいいです。


「毎日やる」ことの大事さに僕はこだわっていて、


そこは譲れないので、


その約束を守れなかったら


「痛み」(そんな大したものではありませんよ)を味わってもらう。


それだけです。



「言われたことをきっちりやれない奴は、


人に信用されない人間になるぞ!」


とか、


人格否定まがいのお説教をするつもりもありません。






よほどの事情でなければ、



高校入試


大学入試


入社の面接


もろもろの本番



あなたの事情を酌んで、


「おお、かわいそうだなあ。じゃあ、加点してあげよー」


なんてことはありません。


情けもなんもなくあなたは削除されるだけ。


怒ったってしょうがない。



自分に起こるすべては自分の責任。


おおげさな命題ではありますが、


それを理屈じゃなく、


少しは身に染みてほしいだけです。





まあ、


今週中3にも話しましたけど、


次の日からまたやればいいんですよ。


閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

没頭

Comments


bottom of page