top of page

塾の分際

塾業界には、「成績が伸びるのは3割」というジンクスがある(あった?)そうです。

わかるような気もします。

週1日あるいは2日、1時間とか1時間半、教室に座って、それだけで成績が伸びるなんてことは幻想だってことが。

勉強を日々続ける習慣も意志もなく、復習もしない子が、週1回の授業だけで成績向上するなんて、土台無理な話です。

多分、もともと勉強の意欲があった素直な(3割の)子がさらに勉強するようになって、成績が上がっていたというからくりでしょう。

「塾に行かされてたけど、まー(苦笑)」

「友達と遊びに行ってたような感じかなー」

そんな大人の方々の回想、事欠かないんじゃないでしょうか。

昭和・平成の昔は、子どももいっぱいいたから、それで商売が成り立っていたのでしょう。

でも、このご時世の超零細個人塾では、そんなひと昔前の常識を守っていたら破滅するだけです。


私も、(塾に通ったことはありませんが)

塾は、週1日とか2日、集まってくる中学生に授業をしてあげればお役目を果たせる、

と思っていました。

LINEを使って毎日課題を出す、なんてことをやることになるとは夢にも思いませんでした。

中学生やご家庭にも違和感のある方はいらっしゃるでしょう。

でも、これは譲れません。

毎日授業、なんてことは言いません(都市部ではもう珍しくないようですが。)

塾の分際を守って、ご家庭や本人の負担感が少なくて済む線を探りながら、できることは

最大限します。

うちに来るならみんなに成績を伸ばしてほしいから。そういう方針なので。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

没頭

Comentarios


bottom of page