top of page

英語耳?




英語の、リスニング。




(ある年代以上の?)日本人の



劣等感を煽り立ててやみません。






実際僕も昔、



アメリカに新婚旅行に行ったのですが、



リスニングに一番困った実体験があります。


(こちらから喋るのはまあなんとかなるのです。ブロークンな文でも投げつければいいのですから。)




ベーグル店で店員さんの言ったことがろくに聞き取れず



からかわれて悔しい思いをしました。






今の子どもには



ネイティブの英語がすんなりと聞けて



流暢な発音でこちらからも喋れるようになってほしい・・・



と期待するのは



気持ちとしてはわかります!











ところで僕はここ10年近く



NHKの英会話を毎日見ているのですが、






昨日の回で



「映画を見て英語を勉強するときのコツ」について、



講師の投野由紀夫先生(東京外国語大学大学院教授)が





(「NHK英会話フィーリングリッシュ~データで選んだ推しフレーズ」2024.2.22の回)


と、言ってらっしゃいましたよ~。







ここに書き出すと、



「意味のわからない英会話をたくさん聞き流していても、英語ができるようにはならない」



ということですね。







さもありなん。




今僕がロシア語の音声をいくら聴いても



決してロシア語ができるようにはならないでしょう。




理由は簡単、



ロシア語の



単語も文法も何一つ知らないからです。






いくら映像といっしょに見ても



高が知れています。





ロシア語に



親しみ



くらいは感じるようになるかもしれないけど。









僕ら骨の髄まで日本語ネイティブ。




シンガポールやインドの(たぶん上流階級の)人たちと違い、



「イマ―ジョン」(英語漬け)



なんて夢のまた夢。







そんな僕らは、



英語を「勉強」するしかないのです。




文法にのっとって勉強し、



内容を知っていればこそ



会話で話されたときも



理解ができます。






焦らずに



順番通り



やるしかないですね。






ちゃん、ちゃん♪








(追記)



ちなみに



アメリカで店員さんの言ったことが聴きとれなかったとき




僕は「リスニング能力」のせいにしましたが、



たぶんそうではなくて、




「こういう場面にはこんな言葉やフレーズが使われる」



という知識がなかった・足りなかったから、




だと今では思っています!

閲覧数:30回0件のコメント

コメント


bottom of page