top of page

語彙

先日、小学生の国語の授業にて


ふと思い立って


学校の漢字ドリルを出してもらいました。




それで漢字の練習を、





・・・というわけではありません。



各漢字の「使用例」がありますよね。


「(博識)な人」 


「(快い)返答」


とか。



(  )内の単語を書き取りして、


新出の漢字を練習するようになっているアレです。





それらの単語に目をつけて、


漢字ドリルの1ページ目


知らない単語に〇をしてもらいました。






結果は、



予想通り。







そのページに載っている単語、


ほとんど知りませんでした!




博識


快い


返答


・・・





そんな状態(言葉の意味がわからない状態)で


漢字をせっせと書き取りして練習しても意味ないじゃないかい!!


とツッコミたくなりましたが、



まあ予想通りではあったので、


そこはツッコまないでおきました。





ちょっと前から、子どもたち全般に


「語彙」


の少なさが気になっているんです。






とりあえずその日、


意味を辞書で調べてもらった上で、


「『博識』と『快い』の2語を使って20字くらいの文を書いてみよう」


と指示しました。





そうしたら


「お姉さんは博識なので、困っている子がいると助けてくれて、『快い』と言う」


といった感じの文を作りました!


(しかも40字くらい!しかも実際にはもっと「?」な文を書いてきました。)





・・・


う~む・・・





ま、初の試みの初日なので、



多少ツッコミは入れつつ(笑)


「直し」はせず、


「OK!」


としました。



せっかく考えて書いてくれた短文だから!






でもこの単語を使った作文遊び、


なかなかおもしろいかも。



語彙は、


使ってこそ「入る」ものですよね。




今後も続けてみようっと♪



閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

Comments


bottom of page