top of page

私は、結構声を荒げることがあります。

感情にまかせてやるわけではなく、コントロールしてやっている、つもりです。

「怒っている雰囲気」を演出している、つもりです。

実際に色々理屈を並べて説教、みたいなことは、喋りも下手なのでまずしません。


サボっている?悪いことをしている?そんなレベルのことではありません。

問題をできない子に対して、です。

「がんばってやってできないのに、怒るなんて理不尽だ」

と言われそうですし、基本的には私もそう思っていますが、

それでも声を荒げる必要があると思うときがあります。


①プレッシャー(圧)をかけたいとき。

このレベルの問題で、こんなスピードでやっていて、それじゃ先は辛いぞ?と思うから。今の自分の状態ではまずい、という意識を持ってもらいたいから。

(①と重なりますが)雑なとき

本人は「雑」と思っていないのでしょう。

でも、同じ間違いを何回もする、同じ事柄をいつまでも覚えない、

それは「丁寧に、気を配ってやらなくてもいい」という、無意識での怠けの意識なのかなと思います。

それじゃやはり、先は辛いかなと。


もちろん「怒る」というのは諸刃の剣なので、害もあるし、慎重に使っているつもりです。

徹頭徹尾温かく寄り添うことによって、生徒を高めるのが本当は理想なのでしょう。

でも、「ヤバい」(あるいは「クソ」)という思いが人間のエンジンになることも、事実。

(適度な)ストレスなしでは人は成長しないことも事実。


「俺/私にキレてる?」と思った人、ごめんね。

誓って、嫌いなわけではないよ。

でも、社会は厳しいことも確かなんだよ。


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page