top of page

Kids are right!

俗にブーメランという言葉がありますね。


人を批判するために発した言葉が自分に跳ね返ってくることです。



私たち大人が子どもに対して発する批判やぼやきは、


往々にして


ブーメランになってかえってきます。



「今の子たちはハングリー精神がない」


「こいつら危機感ってもんがない」


「スマホとかゲームとか、安易なものに慣れきってる」


「車も恋人もほしくないっていうし、ヌルいなあ」



等々と批判がましく言う人たちは、


「安易なもの」「ヌルくなる環境」とかを与えてきたのは自分たち大人世代じゃないのかと(私もふくめてですが)ちょっと考えてみるべきではないか・・・


と思います。




「勉強に関する危機感がない」


私もそう思っていら立つことは、


未熟なもので、ままあります。



でも、


何事にも理由はあるし、


人には事情ってものがあります。



子どもの立場に立ってちょっと考えれば


高校入試が定員割れになっている現状をはじめ、


「危機感」とやらを持ちづらくなる要因なんていっぱいありますよね。





この塾にくる子たちの多くについて、


私の目に映るのは


「自信がない」


という現状です。



将来のことよりも何よりも


勉強に対して「わからん」が蓄積し、


毎日の授業もちんぷんかんぷん、



でもそれが何か良くないことのような気がするので


どこかビクビクしているような、


そんな現状です。





私だってときには厳しいことも言います。


でも、それよりは


なんとか励ましたい


(そうしないと成績の上がりようもないから)


という気持ちの方が大きいです。


閲覧数:26回0件のコメント

Comments


bottom of page