top of page

「どうすればイヤなことから逃げずに立ち向かえますか?」

ちょっと前ですが、


人気バンド「Sekai No Owari」


のボーカルFukaseさんが、


新R25という雑誌のインタビューで、興味深いことをたくさん語っていたのをネットで見ました。

(ちなみにSekai No Owariは私けっこう好きです♪)






主に苦労した時代から得たことを色々語っていて、とても興味深い記事ですが、


その中で特に印象に残った言葉が、


どうすればイヤなことから逃げずに真正面から向き合えるでしょうか、


という記者の質問に答えるくだりでした。





答えは、








「『細分化』だと思います」






とのこと。


以下、少し引用してみます。



「『イヤなこと』って、細分化すると『次のステージに行くためにすべきタスク』に変わるんです」

「細分化できたら、一つひとつ真正面から解決していく」

「『いいものが作れない・・・』だけで止まってしまうと、全然細分化が足りていないんです」

「細分化して不安要素を『やるべき課題』に変えると、不思議とストレスに感じなくなるんですね」




うなりました。




課題が山積みに感じられると、


げんなりしたりパニックに陥ったりしてやる気がなくなったりします。


でも、ひとまず落ち着いてそれらの課題を整理して、まずはこれから手をつけよう、


と始めれば、少しは物事は前に進みますね。




手持ちの乏しい弱者は


強者と真正面からぶつかったりあっちにもこっちにも手を伸ばしたりするのではなく、


一点集中して戦うべし、


というランチェスター戦略にも通じそうですね。




その後、


「無理」


と思える課題が現れるときも(というか現れっ放しですが💦)


この「細分化」という言葉を思い出して、自分を落ち着かせてきたつもりです。





勉強も同じだと思います。



「社会がわからん・・・」と言ってボーっとしているそこのキミ!


社会といっても地理・歴史・公民とあるぞ!


どこをやる?


歴史?


歴史のどこ?


わからん?範囲はどこ?室町時代から?


じゃあ、室町時代のページを開け。


そこから一章ずつ一つ一つ覚えていけばいいじゃないか?!


最初の章が終わったら次の章!


細かく潰していくしかないではないか!!!




さあ、


明日は学調前の自習会。


短い時間だけれど、充実した時間になるように祈願しておりますぞ!


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page