top of page

「面倒」なほうが楽しいぜ。

勉強は、


ただ座って、


黙って、


聴いて、


耐えて、


言われたとおりに何か作業して、


それでできるようには決してなりません。





手を使ってああでもないこうでもないと書いて試行しまくり、


あれでもないこれでもないとドラえもんのように調べまくり、


口を使ってブツブツ暗唱や音読をしまくり、


足を使って先生のところに質問に行きまくり、



ということを面倒くさがらずにやっていれば、


できるようになります。





で、


ここがミソなのですが、



こういった面倒くさいことをしているときのほうが、


絶対に楽しいのです。



これは、


日々子どもたちの反応を見ていて、


確信をもって言えます。




もちろん、


難しすぎたりすると楽しくなくなってしまいますが。




脳みそに汗をかいて


考えて格闘することは、たのしいのです。







スポーツも同じですよね?



体を激しく動かして


汗もかいて


疲労して



しんどいけれど、



楽だが単純な作業か何かを


させられているよりも


絶対に楽しいでしょう。


(どんな種類のスポーツを好むか、という人それぞれの好みも関わるとは思いますが。)





そういう経験を重ねて、


「面倒くさがらずにやることの方が実は本当は楽しい」


ということがわかってしまえば、こっちのもの。



たくさんの子どもたちに、そうなってほしいです。


早朝の伊豆七島。利島、新島、神津島などが見えます。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page